スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
eggtarton
スポンサー広告


石先生のプーアール
先日の記事で紹介した、石先生の杉林渓高冷茶。

その同じ先生が監修して作っている、有機栽培のプーアールがあります。
とっても素敵なお値段!なのですが
その香りと味と言ったら!!プーアールなのにほのかな蜜の香り。
煎を重ねていくとダージリンにも似た味わいに。。。
今まで知っていたプーアル茶とは全く違う、驚きがいっぱいのお茶なのです。


               有機ぷーある



プーアル茶には、熟茶と生茶と二つに分けられます。
熟茶は「渥堆」(ウォードゥイ)という工程があり、人工的に発酵を促します。
一方生茶は自然に発酵を待つもの。 新しいものは、慣れない人には
少しクセが強いかな。 年代モノは味わい深くまろやか(らしい←飲んだことない)
のですが、お値段もとても高価。

生茶を、ゆっくり年月をかけて熟成させてから飲む。。。のもいいですが
天津の先生のところでは、生茶の比較的新しいものを、あえて好んで飲んでいました。

このお茶も生茶。 2006年と、まだ新しいのですが
最初の酸化を止めるという意味での発酵度が高めなのか
他の生茶のようなクセは少なく、不思議なお茶になっているようです。

石先生の素敵なHPはコチラ → click
eggtarton
中国茶
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://eggtarton.blog97.fc2.com/tb.php/164-aeb40a53
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。