スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
eggtarton
スポンサー広告


本棚にプーアル茶
長期保存が出来るプーアル茶。
早く飲まなきゃ!
と、焦らなくていいのが嬉しい。

むしろ年月が経ったほうが価値が出る、美味しくなる。。。
とも言われていますが、その辺は
一般家庭で保管する場合には必ずしも当てはまらないようです。
茶商の倉庫に住んでいる菌に、秘密があるのですから。

とは言え、家庭でもゆっくりとした何かしらの変化はあるそうです。
数年後。。。どんなお茶になっていくのか、楽しみ! (全部飲まないで取っておけるかなー?)

ただ、管理のしかたによっては、虫がわいたり、カビが生えたりということも
あるようなのでご注意を!




           茶封筒4茶封筒2
           茶封筒3本棚に保存




ポイントは、風通しのよい湿気がない場所で、
光の当らない状態で保管することだそう。

お茶葉は呼吸してますから、ビニール袋などに密閉してしまうのはNG!
茶封筒などに入れて、程よく空気を通し、湿気を紙に吸ってもらいます。


我が家では、中国のお茶屋さんをまねて
こうして本棚にたてています。

実は、つい先日まで別の棚に保管してたのですが。。。
棚の材質が檜だったので、香りが移ってしまうのでは。。。と思い、慌てて移動してみました。
夏場はシリカゲルか湿気とりが必要かなーと思案中。 
それとも程よい湿気は必要かな? 等々。。。
帰国後一年目、まだまだ試行錯誤です。


clickお願いしま~す。
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
eggtarton
中国茶
4 0

| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。